FiIwE;kino

今まで観た映画について(自分用)

道(La Strada)

「道」(原題:La Strada)

フェリーニの代表作で54年の作品。そういえば七人の侍も同じ年だな。
この映画にはとても期待していて、一体いつ観ようかとついつい先延ばしにして、とうとう今になってしまった。

 

「ここの石ころだって、何かの役に立っている。役に立たないものなんてない」


ザンパノの芸はまるで自分自身の呪縛と解放という“願い”のようであり、それを見守るジェルソミーナはザンパノにとっての“マリア”のような存在だったのかと思う。数々の受難とその気持ちに耐え切れず、救いきれず、ひっそりとしんでいくことの悲しさが痛ましい。ブレッソンの「バルタザールどこへ行く」を思い出した。
そういった意味でジェルソミーナは決して愚者ではない

ただただ純粋なんだ。人は本来みんなそうだ